TOP > 企業理念

企業理念

「らしさ」を見出し、
「つよさ」に変える。

技術の進歩。価値観の多様化。社会の変化は加速するばかり。
答えどころか、課題さえ正しいのかわからない時代に、
私たちがデザインするのは、お客様のあるべき未来です。

お客様ならではの想いや技術などをデザインの視点で見つめて、
進むべきビジョンをともに導き出します。
そして、事業や組織、サービスなどのカタチにして、
あたらしく、うつくしく、おもしろく、その価値を世の中へと届けます。

アイデアとクリエーティブのチカラで、ともに考え、ともにつくる。
インパクトたきは、挑戦をつづける企業と歩みつづけていきます。

つくるを、つらぬく。

私たちは、つくる。
私たちを私たちたらしめるものだから。

私たちは、ずっとつくってきた。
ひとつひとつが、信頼を積み重ねてくれたから。

私たちは、明日もつくる。
よりよい世界につながると信じているから。

細部までこだわろう。
大きなゴールを描こう。

妥協するのはカンタンだ。
だけど、心を動かさないものに価値はない。

もっといいものをつくろう。
誰にも負けないものをつくろう。

私たちは、今日もつくっている。
自分のために、お客様のために、社会のために。

めざすのは「共感」を
「共創」するデザイン

株式会社インパクトたき
代表取締役社長
西脇 康雄

ITの進化などでコミュニケーションや価値観が多様化しています。そういったなか、ビジネスの世界でも差別化のために機能的価値より情緒的価値、モノづくりからコトづくりへと、⼤きなシフトチェンジが起こっています。
またそれに合わせ、デザインの分野も、広告やプロダクトなど「⾒た⽬のデザイン」という「狭義のデザイン」から、サービスやブランディングといった、より広い領域を対象とする「しくみのデザイン」すなわち「広義のデザイン」へと拡⼤しています。
モノやコト、あるいはブランドに対する親近感や愛着を抱かせる、つまり、⼈々の「共感」を呼び起こすことが、ビジネスや経済、社会や組織において重要なファクターになっているのです。
東海地区最⼤規模の広告制作プロダクションとして30年の歴史を持つインパクトたき。⻑年の経験で培ってきたデザイン⼒は、時代に合わせて変化し、成⻑し続けています。
美しさを追求する「クラシカルデザイン」から、ユーザー視点と美意識に⽴脚し、ビジネスやテクノロジーと結びついた「まったく新しいデザイン」へ。ビジネスの課題解決や、より良い社会づくりのために、私たちと⼀緒に「共感」を「共創」しませんか。